現場でApple Watchを着けても大丈夫?製造業でもApple Watchは使えます!

Apple Watch製造業でも使って大丈夫?
悩んでいる人

Apple Watch欲しいけど、現場仕事があるから本体が傷つきそうで着ける勇気が無いな…

僕も今までずっとApple Watchが欲しいと思っていたのですが、製造業で働いているためApple Watchを現場に着けて行くと本体に傷が入ってしまうのではないかと心配でなかなか購入することが出来ずにいました。

安い買い物でもないので、せっかく買ったApple Watchに傷がついてしまうのは嫌ですからね。

ゆうまる

仕事以外で使う為に買うのもなんだか使わなくなりそうで…
なかなか買う勇気が出ませんでした

ですが思い切って買ってみたところ、Apple Watchはメリットばかりで今では僕の生活になくてはならないものとなりました。

Apple Watchって現場に着けて行っても大丈夫なの?と心配になりますがしっかりとケースを着けて対策をすれば大事なApple Watchを守ることが出来ます。

くままる

しっかり対策してるから今のところ傷なし!

今回は現場仕事でも安心して使えるのカバーの紹介と実際に現場仕事でApple Watchを使用している僕が現場仕事でApple Watchが便利な場面を紹介します。

目次

現場仕事でもカバーを付ければ安心して使える

現場仕事でApple Watchを使うのに1番心配なのが本体に傷が付いてしまわないかどうか。

ですが本体を覆うケース付きのベルトを選べば、大事なApple Watchをしっかり守ることが出来ます。

現場仕事にオススメなバンド①

1番シンプルなのは防水のケースとスポーツバンドの組み合わせ。

ケース・バンドが別れているのでプライベートや気分転換したい時のバンドの交換が簡単に出来ます。

僕も防水ケース+バンドで使用しています

カバー+ケースで使用
ケースに小傷がついても本体に傷はありません
ゆうまる

デジタルクラウンもぶつけないように左側になるよう設定しています

現場仕事にオススメなバンド②

絶対にApple Watchを傷付けたくない!という方はこちらのカバーとケース一体型がオススメ。

液晶画面・デジタルクラウン・サイドボタン全てをしっかり守ってくれます。

くままる

これだけ頑丈ならどこで使っても安心!

カバー取り付けにドライバーが必要な為、カバーの付け外しに手間がかかってしまうのがデメリット。

傷つけてしまう可能性が高い方にオススメです。

現場仕事にオススメなバンド③

G-SHOCKのようなおしゃれなデザインのタイプのものもあります。

こちらもバンドとケース一体型です。

ゆうまる

かっこいいデザインでおしゃれですよね

こちらのバンドは液晶画面のカバー部分が無い為、心配な方は別途保護フィルムを貼った方が良さそうです。

製造業でApple Watchが便利な場面

悩んでいる人

現場で使うためにわざわざ仕事用にバンド買ってまでApple Watch使う必要あるのかな…

と悩んでいる方に、実際に僕が現場でApple Watchを着けて感じるメリットを紹介します。

運動量の把握でモチベーションアップ

Apple Watchの主な機能の一つであるアクテビティでの運動量の把握。

普段運動しない自分にはあまり関係ないものと思っていましたが、仕事でどれだけ歩いてカロリーを消費したかを把握すると仕事がちょっと楽しくなります。

頑張って仕事した時に「今日は仕事だけで500kcal消費した!2万歩も歩いた!」と頑張った証が目に見えて分かるのは嬉しいです。

ゆうまる

ダイエットしてる時は消費カロリーが足りないと無駄に動いてみたりします

通知やリマインダー等の機能を活用すればちょっと便利に

こちらもApple Watchの主な機能である通知機能。

作業中に通知が来た場合、いちいち携帯を取り出して確認するのは面倒ですよね。

現場に限らず会議などのミーティング中に通知がきたときに、Apple Watchでサッと確認出来るのは使ってみるとけっこう便利です。

ゆうまる

ミーティング中に通知が来てもスマホ出すのはサボってると思われそう…という心配が無くなります

またリマインダーや音声メモ機能も便利。

絶対に忘れてはいけない業務をリマインダーに設定しておけば忘れることはありません。

現場でふとメモを取りたい時、後で忘れないようにリマインダーを設定するのもApple Watchの音声操作で簡単に出来ます。

くままる

使いこなせばちょっと便利になる機能がいっぱい!

好きな画像を文字盤にして癒されよう

Apple Watchには文字盤のデザインがたくさんありますが、自分の好きな写真も文字盤に設定することが出来ます。

機能を重視してこちらのインフォグラフの文字盤にするのも良いですが

インフォグラフの文字盤
たくさんのアプリを配置出来るので便利

例えば子供の写真・好きなアイドル・俳優・歌手の写真などなど…自分の好きな写真を文字盤に設定すると時計を見るたびに癒されます。

仕事で疲れたり嫌なことがあってもApple Watchを見れば少し癒される…なんてことも。

ゆうまる

これだけでもApple Watch買って良かったと思えます

【まとめ】製造業でもApple Watchは使えます!

製造業でもちゃんとケースを付けて保護してあげれば、安心してApple Watchを使うことが出来ます。

ちなみにApple WatchにはSeries8・Seriesよりも価格が安価なSE・登山などの激しい運動に向いているUltraの3種類があります(2023年1月執筆現在)。

僕が1番おすすめなのはseries8。

僕はSEのモデルを購入したのですが、使っているとより自分の体調をしっかり把握出来るseries8に魅力を感じるようになりました。

心電図や血中酸素濃度も見ることが出来るので、自分の身体の状態をしっかり把握したい方にはSeries8をお勧めします。

Apple Watchは使ってみるととても便利なので、ぜひ購入してみてください。

Apple Watch製造業でも使って大丈夫?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったらシェアしてね!
目次