【スキマ時間にオススメ!】flier(フライヤー)の魅力を紹介こちらから!

【レビュー】寝る前のリラックスタイムに ナイトミン耳ほぐタイムを使ってみた感想を紹介

こんにちは、ゆうまる(@yuumaru_blog)です。

少し前、Twitter等SNSで話題になっていた小林製薬から発売されている『ナイトミン耳ほぐタイム』

僕もTwitterでこの商品を知り、着けると、とろ〜り温まってすぐに眠気がやってくるというツイートを見て、すぐに欲しくなりました。

ゆうまる

そんな話を聞いたら欲しくなっちゃう!

ずっと気になっていたのですが、ドラッグストアなどで買い物する時に探しても、取り扱って無かったり、売り切れていたりでなかなか買えず…

最近になって、ようやく買うことが出来たので早速試してみました。

目次

ナイトミン耳ほぐタイムとは

商品説明

『ナイトミン耳ほぐタイム』は耳栓本体に発熱体を取り付け、耳を内側から温めてくれるという商品。

小林製薬の調査によると、20代〜60代の約半数が『寝つきの悪さ』を感じており、その原因で1番多いのが『ストレス』という結果に。

睡眠には自律神経が大きく関わってきますが、耳には多くの副交感神経が存在しています。

この『寝つきづらさ』に対して耳を温めるという発想+音ストレスに対処したアプローチでこの商品が生まれたようです。

参考:小林製薬ニュースリリース『ナイトミン耳ほぐタイム』が新発売

くままる

耳を温める耳栓ってめずらしい!

使い方

耳ほぐタイムの内容量

1箱の内容量は

  • 耳栓本体1セット
  • イヤーピース2サイズ(S,M)
  • 発熱体5個セット

になります。

継続して購入しようと思っても、発熱体のみ売られていないのが少し残念です。

今の値段だと1回使うのに約100円はするので、発熱体のみでもう少し安く売ってくれると助かります。

くままる

頻繁に使うとなると、ちょっとお金がかかっちゃうね

まだ新発売の商品ですので、これから発売されるのに期待ですね。

発熱体

使い方は、まず発熱体を袋から出して耳栓本体に取り付けます。

発熱体は開封後すぐに発熱してくるので、本当に使いたい直前に開封するのが良さそう。

耳栓を通して熱を伝えるためか、発熱体を直接触ると結構発熱していて驚きました。

耳栓にぴったりはまる

発熱体は耳栓本体の爪にかかって、しっかりとハマるようになっています。

あとは、発熱体が耳の窪みにしっかり密着するように装着するだけです。

【使ってみた感想】耳がじんわりと温まりリラックス

発熱体は開封してから耳に装着後、すぐに温かくなってきます。

じんわりと耳を温めてくれて、『耳だけを温める』という感覚は初体験で新鮮でした。

ゆうまる

しっかりと温まります

耳が温まると体全体も温まってきます。

くままる

冬の寒い時期にもいいかもね!


耳ほぐタイムはもちろん、このまま耳栓として着けたまま寝れます。

他の方のレビューを見ても朝までしっかり外れないそうです。

寝る前のリラックス効果を高めたい、周囲の音を遮断して静かに眠りたい」という方にはとても良いと思います。

ただ、僕は耳栓をしたままだと、耳に付いているのが気になって慣れないタイプなんですよね…

僕の使い方としては、寝る前にKindle Paperwhiteで本を読むことが習慣になっているので、読書をしながら、寝る前のリラックス効果を高めるために使用しています。

僕は残念ながら「着けたらだんだん眠くなってくる…」とまではなりませんでしたが、

『寝る前に周囲の音を遮断しつつ、耳を内側から温めてリラックス効果をさらに高めて読書をする。』

のは結構いいです。

僕は寝る前に本を読むと自然に眠気がやってくるのですが、耳ほぐタイムを使うとそのリラックス効果がアップします。

くままる

ホットアイマスクしながら耳ほぐタイム使ったらめっちゃ快適そう

ゆうまる

確かに、それいいかも!

【まとめ】眠れない夜や静かに眠りたい時にオススメ

耳ほぐタイムは

  • 静かにぐっすり眠りたい
  • 考え事をしてしまって寝れない
  • 休憩時間等にリラックスしたい

そんな方にオススメです。

寝る前に限らず、昼の休憩時間やリラックスしたい時などに使うのも良いと思います。

夜行バスや、男性ならカプセルホテルに泊まる時など、『いつもと違う環境で静かに眠りたい』という時にも便利だと思います。

リラックスして眠りたい夜に、寝れない夜のリラックス用グッズの一つとして、常備しておくのも良いと思いました。

睡眠について悩みがある、睡眠の質を高めたくて睡眠グッズに興味がある方は是非試してみてはいかがでしょか。


睡眠リズムを整えたい方にオススメ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったらシェアしてね!
目次