【スキマ時間にオススメ!】flier(フライヤー)の魅力を紹介こちらから!

睡眠の質を上げて人生を変えたい!AutoSleep(オートスリープ)で睡眠を管理

こんにちは、ゆうまる(@yuumaru_blog)です。

僕は睡眠時間が長い、所謂ロングスリーパーです。


朝も弱く、睡眠時間が最低でも8時間は必要で、睡眠時間が短いとすぐにしんどくなってしまう。

もっと起きる時間を増やして時間を確保したい!』と睡眠のことでいろいろ悩んできました。


そんな僕がApple Watchを購入した際、『睡眠の質を上げて人生を変えたい!』と思いこのアプリを購入しました。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します

Tantsissa¥490posted withアプリーチ

このAutoSleepというアプリは、490円する買い切りの有料アプリではありますが

  • 睡眠のデータを自動で記録してくれる
  • 良質な睡眠、深い睡眠などが何時間、睡眠時間に対して何%それらが占めているかのデータが見える
  • 徐々に起こしてくれるアラーム機能

などなど、睡眠のデータをしっかりと取って分析できる機能が充実しており、Apple Watchを持っている方にはぜひ購入してもらいたいオススメのアプリです。

今回はこのAutoSleepの機能、オススメポイントの紹介をしていきたいと思います。

目次

AutoSleepの機能紹介

自動で睡眠の記録をとってくれる

オートスリープと言う名前の通り、このアプリは睡眠の記録をApple Watchをつけているだけで自動でとってくれます。

睡眠開始、終了の記録開始など自分で操作しなくても自動で記録してくれるため、データの取り忘れなどの心配がありません。

昼寝した時間の記録もしっかり取ってくれるので、1日トータルの睡眠データを把握する事が出来ます。

睡眠の質をデータで把握

睡眠時間、良質な睡眠、深い睡眠が何時間、何%取れているかデータを取ってくれます。

格睡眠記録
  • 今日の睡眠:目標の睡眠時間に対して何%の睡眠を達成出来たか
    (僕の目標は8時間に設定)
  • 良質な睡眠:どれだけ長く落ち着いて寝れたか 心拍数を見て判断
    (寝返りをうつなど動いていない落ち着いた睡眠のこと)
  • 心拍数:睡眠中の心拍数と起きている心拍数(運動などをしていない通常時)を比較
    睡眠時に10%以上下がるのが健康な睡眠に重要とのこと
  • 深い睡眠:心拍数が低下し、筋肉がリラックスしていてほとんど動いていない状態

これらの細かいデータを見ることが出来ます。

トータルの睡眠時間が自分にとって何時間必要なのか、良質な睡眠や深い睡眠がどれくらい取れていれば体調が良いのかどう改善すればいいのかしっかりと分析することが出来ます。

今日の快適さ

5段階評価で今日の快適さを教えてくれます。

今日の快適さ

ただこの快適さ、『起床時の心拍変数から心拍数から精神面と肉体面の状況を分析します。』と書いてありますが、どうすればこの快適さが良くなるのかは残念ながらイマイチよく分かっていません。

快適さが悪い時は実際に朝体調が悪かったり、寝起きが悪かったりするので評価自体はあながち間違ってはないのかもしれません。

週に5日以上正確な記録をとると心拍変動を正確になるようなので、寝起きですぐ呼吸を1分することが日課になりました。

目覚めてまず呼吸を1分行うと、やらない時よりも目が覚めるのでオススメです。

徐々に起こしてくれるアラーム機能

設定した時間の間(0分~28分の間で設定可能)で1分ごとに振動して、深い睡眠から徐々に起こしてくれるアラーム機能があります。

徐々に振動が大きくなるという起こし方なので、

いきなりアラーム音やバイブで起こされるよりも寝起きが楽です。

私は10分間隔で設定していますが、この機能のおかげで今までよりも寝起きが楽になりました。

設定した時間の間で、睡眠が浅ければすぐに起こしてくれるという設定も出来るので、眠りが浅い時にスッと起こして欲しいという人にはそちらの設定がオススメです。

日々の睡眠データを簡単に振り返ることが出来る

毎日の睡眠データを簡単に振り返ることが出来ます。

日々の睡眠データ

ぱっと見でもこの日は睡眠が多い、少ないが分かります。

メモを記録

メモも簡単に取れるので、その日の体調がどうだったかなどメモも簡単に記録することが出来ます。

毎日のデータと照らし合わせながら記録すると、睡眠の改善点が分かるかもしれません。

Apple Watchを付けたまま寝ると邪魔じゃない?

ここまでオートスリープの便利な機能について紹介してきましたが、特にApple Watchを持っていない人が心配なことは『Apple Watchを付けたままだと気になって寝れないのではないか』だと思います。

私もその点は少し心配していましたが、実際付けて寝てみても睡眠の妨げになるほどは気になりませんでした。

私は44mmのApple Watchを使用していますが、44mmモデルでも本体は軽いので重さはあまり気になりません。

より快適に寝れるよう、寝る時はナイロン素材のバンドを使用しています。

軽量で通気性も良く、マジックテープでサイズを微調整出来るので便利です。

まとめ

オートスリープは睡眠の質をしっかりと管理、記録出来るとてもオススメのアプリです!

睡眠の質を改善させたい!という方はもちろん、そうでない方にも睡眠の質に意識を向けてくれる良いアプリだと思います。

現在私はこのアプリを使って睡眠の質を上げようと思考錯誤しています。

寝る前に軽くストレッチをしてみたり、寝る前にスマホなどを見ないようにしたりなど…

まだまだ思考錯誤しています。

毎日簡単に続けられるような睡眠の質をあげる方法を研究中です。

深い睡眠を伸ばして人生変えたい!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

良かったらシェアしてね!
目次